大学病院で働く看護師の勤務環境はどう?

看護師転職 > 大学病院の看護師の仕事

大学病院の看護師の仕事

看護師の職場は病院という方が多いですが、病院の中にも種類があり、その中のひとつに大学病院があります。他の病院とは少し特色が異なる職場なので、向き不向きも出てきます。大学病院では研究なども盛んに行われており、どちらかというと理論的な部分を重視する病院です。

具体的にはマニュアルがしっかりとあったり、根拠に基づいて行動をする、看護の業務の経験を生かして新しい研究をしてみたいという方には大学病院に向いています。

大学病院は規模も大きく、他の病院よりも収入が良いのではと考える方もいますが、実際の収入は他の病院と大きくは変わらない場合が多いです。残業などはありますが、サービス残業はあまりなく、その点についてもきちんと残業手当を付けて貰える所が多くなっています。

また、基本はチームで連携し合ってできる限り残業がないような仕事の仕方をし、それでもやむを得ずという時に残業になります。基本的にはどこの大学病院も勤務体系がとても整っている印象です。

業務は医師のサポートが主になり、他の病院で働いている看護師とは別のスキルが身に付く職場であるとも言えます。教育体制や研修、フォローはどこの大学病院も整っており、しっかりと学んでいく事ができます。

大学病院では看護師が点滴ができないという話も聞かれますが、実際点滴をしないため、本当の話です。大学では医療的な技術は基本は医師が行う事になっています。その一方で、看護師には通常の病院の看護師とは違った別の役割が与えられています。

大学病院での看護師の役割、それは患者さんとより向き合う事です。大学病院に入院する患者さんは病気も重い症状のケースが多く、精神的につらい状況に置かれている事も多いです。

看護師の役割はそういった患者さんと個別に向き合い、サポートをしていくという役割です。そのため一人ひとりの患者さんとより時間をかけてじっくりと向き合いたいという方には、大学病院は向いていると言えるでしょう。