医療福祉アドバイザーとはどんな仕事?

看護師転職 > 看護師から医療福祉環境アドバイザーに転職

看護師から医療福祉環境アドバイザーに転職

看護師が転職できる職種に医療福祉環境アドバイザーという職種があります。まだあまり広くは認知されていない仕事ですが、病院や福祉施設では、院内感染の危険性が常にあります。

正しい対策、予防の知識があると、その危険性を抑える事ができ、医療福祉環境アドバイザーはその感染症に関する知識を専門的に習得していて、病院などの職場の環境改善を行っていくという仕事です。資格を取得する必要があり、勉強して試験に合格しなければなりません。

看護師は病院の現場で常に働いているという実務経験から、感染症がどのような流れで起こるのか、どうしたら防げるのかという事を経験である程度分かっている方は多いです。その知識を更に深めて、専門性を高くしていく事が医療福祉アドバイザーには必要になってきます。

勿論新しい勉強が必要になりますが、まだ資格を持っている方が多くはいないため、仕事の場は多くあり、転職もしやすい職種です。

資格には3級から1級まであり、1級が一番レベルが高くなっています。資格のレベルによって手当が変わる所もあるので確認すると良いでしょう。感染症は最近注目されている症状で、これからも対策にはより力を入れる病院が増える事が予想されます。

人が集まる施設ならどんな場所でも汗腺の可能性はあるため、仕事の場の幅も広がります。今の段階から 資格を取得して活動する事は先駆けてキャリアを積むという意味でとても大きなメリットがあります。

また、基本は病院の改善提案をしていく事になるため、看護師のように夜勤はなくなります。もちろん夜勤手当はなくなってしまいますが、資格手当が増える分、それほどのマイナスにはならないケースも多いです。

看護師の次のステップとして考えながら、もう少し落ち着いて余裕を持って働きたいという方にも向いている職業です。資格取得には時間も必要なので、少し先までの計画をしっかりと練ってから勉強をスタートする事をお勧めします。