今年は資格取得にチャレンジ!

看護師転職 > 看護師の収入アップに繋がる資格

看護師の収入アップに繋がる資格

平均給与は他の職種と比べても高い水準の看護師ですが、更にお給料をアップさせたいと考えている方もいると思います。仕事を頑張るというのもひとつの方法ですが、さらに資格を取るというのも選択肢としてあります。看護師の資格にさらに追加で資格を取っていくのです。

ただし、やみくもに資格を取っても上がる訳ではもちろんありません。保健師や助産師、ケアマネージャー、減菌技師などは看護師がプラスで取得する事で資格手当が出やすい資格とされています。今の職場でこれらを取る事で収入がアップするのか確認してから取り組み始めると良いでしょう。

ただ、もちろんですが勉強は必要になり、仕事にプラスで勉強する事になるので大変になる事には間違いありません。そこを考えた上で取り組みましょう。

次に認定制度というものがあります。こちらは資格ではないですが、資格に近い意味合いがあるものです。看護師にも認定看護師と専門看護師という2種類があります。両方とも認定まではかなり高いハードルとなっています。

一つ目の認定看護師については、まず看護師、助産師、保健師という3つの資格を全て持っており、実務経験が5年以上で、そのうち特定の分野での実務経験が3年以上がる事、さらに認定看護師の講習を修了している事が条件となります。

指定の資格の保持、実務経験5年以上、講習とかなり大変な内容ですが、コツコツと経験を積み重ねていけば認定看護師も近くなっていきます。

続いて専門看護師ですが、まず資格については同じで、看護系大学の大学院の修士課程を出ている事、実務経験5年のうち、3年以上は専門分野での臨床研修を受けている事、となります。こちらもハードルは高く、認定看護師のさらに上のレベルという事ができます。

看護師としてある程度キャリアを積んできた方が次のステップとして目指すイメージになっています。まずは看護師として一通りの仕事を身に付ける事、その後は資格を取得したりして、さらにその後に認定、専門看護師を目指していくと収入も伸びやすくなっていきます。